家の設備として必要なインターホンやテレビアンテナ

現状復帰を行なう

現状復帰において必要な措置

現状復帰は賃貸住宅において契約を交わす時、賃借人が賃貸人に対して履行しなければいけない事柄として必ず書類に記載されている事柄です。この現状復帰の契約に添うならば、賃借人は賃貸契約の終了時に部屋の状態を出来うる限り元通りにして賃貸人に引き渡す必要があります。 現状復帰については、賃貸人の意向に合わせて賃貸人の希望の業者に修復を任せることもありますが、自分で業者を選定して現状復帰の施工や清掃といった作業を行うこともできます。このケースでは現状復帰の料金がはっきり把握できるため、すべてを賃貸人に任せるよりは料金が安くすむメリットがあります。 しかし現状復帰についての解釈が個人個人で違うため、賃借人が自己判断でおこなうと賃貸人との間でトラブルになることもあります。そういったことにならないように、始めの契約時に現状復帰についての意思確認をしておき意見の相違がないようにしておくのがおすすめです。

賃貸物件退去の際の現状復帰

昔から賃貸物件の退去にあたって現状復帰についても問題になることが多かったのです。どこまでが入居者の責任で現状復帰の修繕をおこなうのか、法律でも曖昧な表現であったためにトラブルになることも多くあったのです。 そのようなことを背景に最近では明確に法律に指定することになっています。どこまでが入居者が負担する現状復帰工事の部分なのかについての指針ができたために、従前のようなトラブルも少なくなることが期待されています。 また昔は敷金から原状復帰工事費用が差し引かれることが多かったですが、敷金は返還するものということが明記されて、それと現状復帰工事費用は別物の扱いとしてされています。 これによりお互いの負担部分が明確になり、退去の際に大家と入居者の間のトラブルが減ることが期待されます。